interview

インタビュー記事制作

インタビュー記事制作

「インタビュー」と言われると、何を聞かれるのか、どう話したらいいか戸惑われることもあるでしょう。
けれど、goodcircleが提案する「インタビュー」は「普段の会話」です。
今までご利用いただいたお客様からも
「雑談ばっかりだったのに、よくまとめてもらっている」「記事を読んだ取引先から『そんなことがあったのか』と声をかけられ、話が弾んだ」
などのご感想をいただいております。

伝えるべき事柄をただ並べるのでなく、とりとめのない会話から溢れる「人柄」や「思い」を、
付加価値として文章に盛り込むことで、読み手の心に深く響かせることができるのが「インタビュー記事」のメリットです。
人柄、思いがきちんと伝わっていると、ビジネスのマッチングも効果的に進むと考えられます。
制作についての打ち合わせ時とは異なる切り口の問いかけに、
「こんなふうに思っていたのかもしれない」「そう言えば、あんなこともあった」と新たな気付きがあったとの感想もいただきます。
お一人ずつへのインタビューだけでなく、複数の方での座談会など、形式は自由です。
私自身も、インタビューを受けることがありますが、気軽な会話の中から自分の思いをすくいあげてもらい、文章を端的にまとめてもらえていると、
思いで溢れている頭の中が整理され、ストンと自分の中に落ちてくると感じています。
会社、商品、サービスの他社との差別化が難しくなってきているからこそ、インタビュー取材は、差別化のためにも効果的な表現方法です。
伝えたいターゲットへ、より効果的に伝えるべきことを届けるための方法として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

もっと「伝わる」、もっと「伝える」
こんなシーンで活躍します

社長インタビュー

会社のトップとしてどのような考えを持っているか等分かりやすく伝えることができます。

社員座談会

どんな思いでどんな仕事をしているか伝えられます。特に新規採用を予定されている企業様におすすめ。

製品ができるまで

製品やサービスが作られた経緯やその開発に関わったスタッフさんの苦労や思いなどを伝えることができます。

スタッフインタビュー

スタッフさんへのインタビュー記事です。座談会や制作の過程記事と同様に、どんな会社なのかということをスタッフさん視点で伝えることができます。

対談

他の企業とのコラボや今までにない組み合わせで作られたものなどは対談形式でアピールするという方法もあります。

リクルート用記事

リクルート用にどんな人と一緒に働きたいか、どんな仕事をするのか…等会社からのメッセージを伝えることができます。

Sample

インタビュー記事に関するよくあるご質問

タイトルとURLをコピーしました