%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a7wordpress%e3%82%92%e8%a4%87%e6%95%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95

アルファメールでwordpressを複数インストールする方法

先日ホームページのリニューアルをさせていただいたんんですが、お客様のご指定サーバーが大塚商会さんの「アルファメール」でした。
アルファメールでのwordpressは初めてだったので、意外なところで設定が引っかかったりと結構面倒でした。
アルファメールさん以外でも、CMSの自動インストール機能がついていないサーバーの場合は、参考になるところも多いと思います。

wordpressの手動インストール

初めてwordpressをインストールする場合は、サーバー会社のHPの手引きを見ながらすれば、問題ないと思います。
複数のwordpressを手動インストールする場合の話として、進めていきます。

1.まずはwordpressを複数インストールできるサーバープランになっているか、確認してください。使用できるデータベースが1つだけだと、その時点で複数インストールは不可能です。
※1つのデータベースに複数インストールする方法もありますが、ここでは除外とします。

2.サーバー側で新しいデータベースを作成します。

3.FTPでwordpressのデータをアップロードします。アップロードする時に先にインストールしたwordpressとは別のフォルダにアップロードしてください。上書き保存してはいけません!

4.wordpressの設定画面を開きます。アップロードしたフォルダ名に合わせてくださいね。例:「http://www.example.com/wp/」等

5.アクセスしようとすると、
「すでにインストールされています
すでに WordPress をインストール済みのようです。再インストールするには、まず以前のデータベーステーブルを削除してください。」
というエラーが出ます。

6.wp-config.phpを作成します。
よく分からない方は、wordpressのフォルダの中に「wp-config-sample.php」という名前のファイルがありますので、ファイル名を「wp-config.php」に変更して、編集してください。
編集する箇所は5か所だけです。
※編集する時は、terapadなどの文字コードを指定できるテキストエディタを使用してください。

<?php
/**
 * The base configuration for WordPress
 *
 * The wp-config.php creation script uses this file during the
 * installation. You don't have to use the web site, you can
 * copy this file to "wp-config.php" and fill in the values.
 *
 * This file contains the following configurations:
 *
 * * MySQL settings
 * * Secret keys
 * * Database table prefix
 * * ABSPATH
 *
 * @link https://codex.wordpress.org/Editing_wp-config.php
 *
 * @package WordPress
 */

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** Database Charset to use in creating database tables. */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** The Database Collate type. Don't change this if in doubt. */
define('DB_COLLATE', '');

/**#@+
 * Authentication Unique Keys and Salts.
 *
 * Change these to different unique phrases!
 * You can generate these using the {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org secret-key service}
 * You can change these at any point in time to invalidate all existing cookies. This will force all users to have to log in again.
 *
 * @since 2.6.0
 */
define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

/**#@-*/

/**
 * WordPress Database Table prefix.
 *
 * You can have multiple installations in one database if you give each
 * a unique prefix. Only numbers, letters, and underscores please!
 */
$table_prefix  = 'wp_';

/**
 * For developers: WordPress debugging mode.
 *
 * Change this to true to enable the display of notices during development.
 * It is strongly recommended that plugin and theme developers use WP_DEBUG
 * in their development environments.
 *
 * For information on other constants that can be used for debugging,
 * visit the Codex.
 *
 * @link https://codex.wordpress.org/Debugging_in_WordPress
 */
define('WP_DEBUG', false);

/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

/** Sets up WordPress vars and included files. */
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

23行「database_name_here」はデータベース名、26行「username_here」はデータベースユーザー名、29行「password_here」はデータベースパスワードを変更してください。
アルファメールを使用の場合は、32行「localhost」をサーバー会社が指定するものに変更してください。ここを変更しないと、データベースに接続できませんとエラーが出ます。
wordpressを複数インストールする時は、68行「wp_」を変更してください。「wp2_」とかで大丈夫です。
編集できたら、文字コードを「UTF-8N」で保存してください。

7.編集した「wp-config.php」をwordpressをインストールしたフォルダにアップロードしてください。

8.wordpressの設定画面を開きます。ブラウザの画面がそのままの方は、キーボードの「f5」をクリックすると、大丈夫です。
ここまで来れば、後は通常通りのwordpressの設定と同じです。

その他の注意事項

wordpressのインストールが終わったら、後は、初期設定をしていくだけなのですが、アルファメールの場合、なぜか初期設定をしても403エラーが出て先に進めないことが多々ありました。
大塚商会さんに問い合わせしても理由不明で、設定も間違っていないようだったので、謎です。その後、30~40分放置しただけで設定反映されたので、403エラーが出てもしばらく放置してみてください。
理由が分からないところが気持ち悪いんですけどね。。。

.htaccessの設定ができない

これまで使ったサーバーで「.htaccess」が利用できないサーバーはいくつかありました。
アルファメールさん、OCNさんあたりは「mod_rewrite」くらいしか設定できません。
他の設定をすると「500エラー」が出るので、焦らないようにしてください。
もしエラーが出たら「.htaccess」の記述を削除すれば、大丈夫です。
「.htaccess」で記述できる内容については、各サーバー会社に問い合わせしてください。

wordpressの自動アップデートができない

無事にインストールして、初期設定も終わった~!と思ったのに、自動アップデート機能が使えない。
何度やってもFTP接続が…とエラー表示が出ます。
設定画面もグレーアウトのままで何も入力できない…。設定ファイルのパーミッションを変更してもダメ、wp-config.phpに直接FTP接続の設定を打ち込んでも変わらず。
結局、「wp-config.php」の一番最後に「define(‘FS_METHOD’, ‘direct’);」と記述して、無事にアップデート完了しました。

まとめ

ざっくりと説明しましたが、だいたいこんな感じで進めると無事インストールできると思います。各項目の詳しい設定方法は、いろんなブログやサイトで丁寧に解説されているので、検索してみてください。
レンタルサーバーによっては、自動インストール機能がついていて、それを使うと各サーバーに適した設定がすでにされているので、とっても楽にインストールできます。

タイトルとURLをコピーしました